精力剤・ED薬の通信販売(通販) 

 

↓こちらをクリック↓

 


 入り口 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バイアグラ・シアリスなど睡眠導入・精神安定剤 性病・抗生物質

シアリス系ジェネリック・バイアグラ系ジェネリック・カマグラゴールド・フィンコム・タダリス・フィンペシア・ゼニカル・抗生物質・カベルタ・タダラフィル激安!海外医薬品は通信販売(通販)はできず個人輸入代行になります。

シアリス・ジェネリック・カマグラ・カベルタ・タダリスSXなどインド系ジェネリック個人輸入代行

海外医薬品は通信販売(通販)はできません。個人輸入代行という形になります。

個人輸入代行AIG(エーアイジー)

 

 

言葉の意味
下記は、主に フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』を参照

通信販売とは?
通信販売(つうしんはんばい、通販 と略称される)とは、小売業態のうちの無店舗販売の一つで、店舗ではなく、メディアを利用して商品を展示し、メディアにアクセスした消費者から通信手段で注文を受け、商品を販売する方法。
近年の電子商取引の普及に伴い、「通信販売」「通販」と言うと単にインターネットのウェブサイト等による電子商取引を意味することもある。
一般的な意味の通信販売においては、商品の展示は、主に以下の手段によって行われる。
テレビやラジオのコマーシャルやショッピングコーナー、あるいはCSやケーブルテレビなどに設置された専門チャンネル(テレビショッピング、ラジオショッピング、インフォマーシャル)
新聞、雑誌の広告や折込チラシ
通販商品カタログ(主に各種ダイレクトメールなどで個人に届けられたり、会社などに届けられたりして社内で回覧される。また、カタログ雑誌として書店で売られているものもある)
インターネットのウェブサイト(電子モール、電子商店街、場合によってはオークションサイトを含む。これらの場合はインターネットの中での仮想店舗を持つ事もある。e.g.「ウィキペディアSHOP楽天市場店」)
通信手段には、電話やファクシミリ、郵便、インターネット(ウェブサイト、電子メール)などが利用される。
通信販売の定義
通信販売業を規制する、特定商取引に関する法律(特定商取引法、旧訪問販売法)での通信販売の定義は
販売業者又は役務提供事業者が郵便等(郵便、電話、フアクシミリ、電報、郵便振替、銀行振込など)により売買契約又は役務提供契約の申込みを受けて行う商品若しくは指定権利の販売または役務の提供
となっている。
支払い方法
通信販売業者としては、実際の店舗を持つ百貨店や専門店のほか、カタログ販売専門業者、放送局関連企業、パソコンメーカー自身まで、多種多様である。
代金の支払いの方法は、比較的低額な商品の場合には、後払い(注文後、先に商品を発送し、代金は同封された振込用紙で、到着後に金融機関やコンビニエンスストアから販売者の口座へ振り込む方法が多い)もあるが、主流は配達時の代金引換や、クレジットカードである。
パソコンなどの高額な商品については、クレジットカードを使わない場合には事前の前払いがほとんどであり、販売者が倒産した場合の危険が大きい。過去には通販パソコン販売店が倒産し、10万円以上もの代金を一括前払いで注文をした客が、商品を手にできない被害を受けた例がしばしばあった。
通信販売については、不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)などの、商取引に関する一般的な法律以外に、特定商取引法の適用を受け、商品に限らず販売業者などの各種情報の表示が規定されている。ただし、訪問販売で規定されているクーリングオフは広告で返品に関する規定が明示されていない場合を除き適用されない。しかし、業者によっては商品到着後の返品を受け付ける場合もある。購入前に返品に関する文言をよく理解しておくことが望ましい。
なお、翌月一回払い以外(すなわち、2回以上の分割払いおよびボーナス一括払い)の場合には、割賦販売法の適用を受ける。
通販における必要表示事項
1.販売価格(役務の対価)
2.送料
3.その他負担すべき金銭(例・「代金引換手数料」など)
4.代金(対価)の支払時期
5.商品の引渡時期(権利の移転時期、役務の提供時期)
6.代金(対価)の支払方法
7.返品の特約(権利の返還特約)に関する事項(特約がない場合は、ない旨の表示が必要)
8.事業者の名称(法人の場合)又は氏名(個人事業者の場合)
9.事業者の住所
10.事業者の電話番号
11.法人の場合には、事業者の代表者の氏名又は通信販売業務の責任者の氏名
12.申込みの有効期限(申込みに有効期限がある場合のみ)
13.瑕疵責任についての定め(瑕疵責任についての定めがある場合のみ)
※商品の損傷などの場合。
14.特別の販売条件(販売数量の制限など、特別の販売条件がある場合のみ)
但し、「請求により上記事項を記載した書面を交する、または、電磁的記録を提供する」という趣旨の表示があれば、上記事項の中には省略できるものもある。
また、通信販売業者の広告の中には「通信販売法に基づく表示」等としているものが少なからず見受けられるが、「通信販売法」と言う法律は存在せず、「特定商取引に関する法律」の公的な通称・略称は「特定商取引法」、「特商法」であり、「通信販売法」というのはあくまでも俗称である。

個人輸入とは?
個人が直接(代行を介さず)外国の販売店へ、商品を注文して購入する形態。
通信販売の購入先が国内から外国に変わったもの。
自国では手に入りにくいような特殊なサイズの衣類や一部の医薬品など、その国では入手しにくいものの購入に利用されることが多い。
従来は相手国で通用する言語でビジネスレターが作成できるレベルの語学力が求められ時差や支払方法の問題もあったが、
インターネットの発達で高度な語学力の必要性が薄れ業者によっては自国語以外の言語によるページを開設しているところもある。
支払方法にはクレジットカードを使うことが多い(ただし、不着や商品トラブルなどの対応には電話や電子メールなどにより意思疎通ができる程度の語学力が必要となる)。

個人輸入代行業者とは?
個人輸入代行業者(こじんゆにゅうだいこうぎょうしゃ)とは、個人輸入に係る手続きの代行を業として行う者で、注文、支払い、通関、配送などの手配をする業者。
近年のインターネット普及に伴い、ネット上で注文を受け付ける業者も多い。業者ごとに得意分野があり、家具に強い業者や車に強い業者などが存在する。なお、輸入代行業とは通関代行(乙仲業者)のことをさし、個人輸入代行者とはまた別の業種である。

一般用医薬品(いっぱんよういやくひん)とは?
医師による処方箋を必要とせずに購入できる医薬品のことである。
一般用医薬品承認審査合理化等検討会の中間報告書によると、一般用医薬品とは、「一般の人が、薬剤師等から提供された適切な情報に基づき、自らの判断で購入し、自らの責任で使用する医薬品であって、軽度な疾病に伴う症状の改善、生活習慣病等の疾病に伴う症状発現の予防、生活の質の改善・向上、健康状態の自己検査、健康の維持・増進、その他保健衛生を目的とするもの」と定義されている。十分な説明や情報を示した上で、消費者が自ら簡単な治療を行うというセルフメディケーションの方向性が提唱されている。
大衆薬、市販薬、家庭用医薬品などとも呼ばれる。また、金融業界のOTC取引(Over The Counter)をもじって、OTC医薬品ともよばれる。

処方せん医薬品?
処方せん医薬品(しょほうせんいやくひん)とは、薬事法第49条の規定により、医師等からの処方箋交付を受けた者以外に対しては正当な理由なく販売または授与してはならないとして厚生労働大臣が指定した医薬品。 該当する医薬品は、平成17年厚生労働省告示第24号による。
処方箋の「箋」は常用漢字に含まれていなかったため、かな書きの表記になっている(2010年6月文化審議会が答申した改定常用漢字表では追加されている)。

後発医薬品(こうはついやくひん、Generic drug)とは?
成分そのものやその製造方法を対象とする特許権が消滅した先発医薬品について、特許権者ではなかった医薬品製造メーカーがその特許の内容を利用して製造した、同じ主成分を含んだ医薬品をいう。先発医薬品の特許権が消滅するとゾロゾロたくさん出てくるので「ゾロ」「ゾロ品」「ゾロ薬」等と呼ばれていたが、商品名でなく有効成分名を指す一般名(generic name)で処方されることが多い欧米にならって、近年「ジェネリック医薬品」とよばれるようになった。
他の先進国に比べ、日本では普及が進んでいない。普及を妨げる理由には安定供給がなかなか難しいというジェネリック医薬品メーカーの問題とジェネリック医薬品に対する医師・薬剤師の信頼不足がある[1]。
後発品の普及は米国、英国、ドイツ、フランスなど先進各国で進んでいる。主要国の普及率(数量ベース)は2006年現在、米国633001英国593001ドイツ563001フランス393001日本16.93067ある[2]。
現在、日本でも医療費抑制のため厚生労働省主導でジェネリック医薬品(後発品)の普及が進められている。この動きにあわせて各医薬品メーカーはジェネリック医薬品の積極生産へシフトしつつある。

抗生物質とは?
抗生物質(こうせいぶっしつ antibiotics)とは、微生物が産生し、ほかの微生物の増殖を抑制する物質の総称である。
antibioticsの語は1941年にセルマン・ワクスマンが定義した「微生物によってつくられ、微生物の発育を阻害する物質」が原義である。
フレミングが最初に発見した(1929年)抗生物質であるペニシリンはアオカビが産生する。初期の抗生物質は抗菌性(antibacterial)を示すものがほとんどである。
一方、抗生物質が化学療法にもたらした貢献は革新的であり、抗生物質は抗菌剤の代名詞ともなった。その後、化学療法が扱う抗真菌、抗ウイルス、抗腫瘍の領域においても、真菌類や放線菌類などの産生する天然物が探求されていった。その結果、抗腫瘍性抗生物質のように、必ずしも微生物ではないウイルスや悪性新生物の化学療法剤も抗生物質に含まれるようになった。
また天然物を化学的に修飾し、その作用の増強や性質の改良が研究され、それら修飾された薬剤も抗生物質とよばれるようになった。したがって、今日では「微生物の産生物に由来する化学療法剤」が広義には抗生物質と呼ばれている。言い換えると、抗生物質は微生物の産生物に由来する抗菌剤、抗真菌剤、抗ウイルス剤、そして抗腫瘍剤であり、その大半が抗菌剤である。 なお、ピリドンカルボン酸系(キノロン系、ニューキノロン系)やサルファ剤など、完全に人工的に合成された抗菌性物質も一般的には「抗生物質」と呼ばれるが、厳密にはこれは誤りで「合成抗菌薬」と呼ぶのが正しい。抗菌性の抗生物質、合成抗菌薬をあわせて、広義の抗菌薬と呼ぶ。

経口避妊薬とは?
経口避妊薬(けいこうひにんやく)は、主に避妊に用いられる女性ホルモン剤である。日本では一般的にピルと呼ばれる。
女性の生殖機能を司る卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2つが含まれ、これにより排卵を抑制する。避妊の機序は、
1.排卵の抑制
2.子宮頚管粘液の性状の変化(精子の子宮内侵入を抑制)
3.子宮内膜の変化(受精卵の着床抑制)
である。
避妊以外にも、生理周期の変更や月経困難症(生理に伴う重い症状や大量の月経血)の緩和、子宮内膜症の治療などに使われる。かつては高用量ピル・中用量ピルが用いられていたが、副作用のリスクの低減を目的として低用量ピル、超低用量ピルなどが開発され、海外では主流となっている。日本では以前から治療目的の中用量ピルが認可されており、1998年に避妊目的の低用量ピルが認可され、2010年に月経困難症の治療薬として超低用量ピルが認可された。避妊用としては低用量ピルが主流になっている。黄体ホルモンのみを含むピルはミニピルと呼ばれ、授乳中など卵胞ホルモンが禁忌である場合に処方されるが、日本では未認可。

モーニングアフターピルとは?
モーニングアフターピルは、「受精卵の着床よりも先に子宮内膜を剥がして生理様の出血を起こし、妊娠成立を阻止する」ために性交後に服用するホルモン剤のこと。事後ピルまたは緊急避妊薬とも呼ばれる。強姦被害や、コンドームの破損などによる不測の避妊失敗時に望まない妊娠から女性を保護する目的のものであり、避妊効果は万全ではなく、非妊娠時の自然な状態ではありえない量のホルモンを摂るため体への負担も重いので、安易な性行為のカバーとして用いるべきではない。日本ではモーニングアフターピルそのものは未承認で取り扱いがないが、中用量ピルなどで同等の配合に調整する代替法が用いられており、産婦人科で相談すれば処方してもらえる。米国では17歳以上であれば薬局での購入が可能で、また近年ではインターネットの普及によりオンラインで個人輸入することも可能ではある。

オルリスタットとは?
オルリスタット(Orlistat。オーリスタット、オリスタットとも)は、日本において合法的に(医師による処方あるいは個人輸入できる)入手できる医薬品のうち、唯一中枢神経系に作用しない肥満治療薬。、ロシュからはXenicalR(ゼニカル)、グラクソ・スミスクラインからはAlliR(アライまたはアリ)の商品名で販売されている。

ミノキシジルとは?
ミノキシジル(Minoxidil)とは血管拡張剤の1つであり、最初は高血圧の経口薬としてのみ用いられていた。しかし後に髪を育成し脱毛症を回復させる効果が発見され、1980年代にアップジョン社(現在のファイザー)がはげや脱毛症の治療用として2306Eミノキシジル外用溶液(商標名:ロゲインR)を販売し始めた。毛成長のメカニズムについては、毛乳頭細胞や毛母細胞の活性化と説明されているが、詳細は未だ分かっていない。

勃起不全とは?
勃起不全(ぼっきふぜん、英: Erectile Dysfunction; ED)は、男性の性機能障害(Sexual Dysfunction; SD)の一種であり、陰茎の勃起の発現あるいは維持のできないために満足に性交の行えない状態、または性交時に有効な勃起が得られないため満足な性交が得られない状態、通常性交のチャンスの754EE5上で性交が行えない状態[2]である。勃起機能障害、勃起障害とも呼ばれる。

早漏とは?
早漏(そうろう)とは、性交の際にパートナーの女性が性的に満足しないうちに男性が射精してしまうことである。英語でPE(Premature Ejaculation)という。対義語は遅漏である。より具体的には「膣内に挿入後30秒間射精を我慢できない状態」とも、「1分または2分」とも言われる。ただし女性側に立てば往々にして「自分が満足する前に射精してしまう」である。

タダラフィルとは?
タダラフィル (tadalafil) はイーライリリーが製造・販売する勃起不全 (ED) の治療薬。
一般には商標名であるシアリス (CialisR、登録商標第4850513号) という名称が用いられる。

シルデナフィルとは?
シルデナフィル (sildenafil) はファイザーが製造・販売する勃起不全 (ED) 、および、肺動脈性肺高血圧症の治療薬。ED治療薬としてはバイアグラ (Viagra) という名称(商標)が、肺動脈性高血圧症の治療薬としてはレバチオ(Revatio)という名称が用いられている。投与はいずれもクエン酸塩の形態で経口にて行われる。

レビトラとは?
世界70ヶ国以上で発売されているED経口治療薬
レビトラ(塩化バルデナフィル)はバイアグラに続いてバイエル薬品より発売されたED(勃起障害)治療薬です。
2004年6月から日本で発売が許可され、世界70ヶ国以上で発売されているED経口治療薬です。
レビトラの名前の由来はle(フランス語の冠詞)とvitra(ラテン語で生命のという意味)の合わせた名前だそうです。
作用機序は陰茎海綿体にあるPDE-5 という勃起を萎えさせる酵素の働きを抑えるものです。


ケアプロスト(Careprost)とルミガン(lumigan)・ラティッセの成分のビマトプロスト(bimatoprost)とは?
ビマトプロスト(bimatoprost)はprostamide(prostaglandin-ethanolamide)の一種です。プロスタグランジンのアナログ(PGF2alpha)とされていますが、bimatoprostの作用はPGF2alphaのFP受容体を介していない(つまり他に受容体がある?)という考えもあるようです。眼圧を下げる作用があり、緑内障の治療薬(Lumigan)として用いられています。また、まつ毛の育毛作用もあり、まつ毛育毛剤(ラティッセ, Latisse)として2009年に米国で販売されました。
ケアプロストはルミガンのジェネリック商品です。
ケアプロストは、有効成分バイマトプロスト/ビマトプロスト(Bimatoprost)0.03306E外用剤(液体)です。
バイマトプロスト/ビマトプロストは本来、緑内障治療薬として2001年に米国FDA(アメリカ食品医薬品局)に承認され、現在では40カ国以上で利用されている実績のある商品です。
その治療の過程で、副作用として、まつげが長くなることが確認されたため、ルミガンの発売元であるアラガン社(Allergan)が278人の患者を対象に4ヶ月間にわたって追加試験を行い、最終的に、被験者の78306B効果を確認しました。
そのルミガンの効果とは、まつげの長さが253001密度が1063001色の濃さが1830A2ップするという驚くべきものでした。
その為、アラガン社はまつげを伸ばすという美容目的で別名の商品(ルミガンと同成分)にアプリケーター(アイブラシ)を付けて、「ラティス/ラティース/ラティッセ」(Latisse)という商品名で、値段を高くした商品の発売を開始しました。
当初はその様な美容目的での販売方法を規制しようとしていたFDAも、ルミガンを処方薬として安全性を確認しすでに許可している事、さらに長い使用実績があり、重大な副作用が確認されていないことなどから、販売を差し止めることも出来ず、最終的には美容目的での販売を許可する事になりました。

女性ホルモンとは?
女性ホルモンとは、性ホルモンのうち女性の性腺に大きく関与しているホルモンである。 雌性(しせい)ホルモンともいう。
卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(ゲスターゲン)の2種類があり、うち女性らしい体つきなどへの影響が大きいエストロゲンを特に指して女性ホルモンと呼ぶ場合もある。

アンドロゲンとは?
アンドロゲン(英: androgen)は、ステロイドの一種で、生体内で働いているステロイドホルモンのひとつ。雄性ホルモン、男性ホルモンとも呼ばれる。雄では主に精巣のライディッヒ細胞から分泌される。雌では卵巣内の卵胞の顆粒層細胞から分泌されるアンドロゲンは卵胞内の卵胞上皮細胞で芳香環化されてエストロゲンに変換される。副腎においては雌雄ともに分泌される。アンドロゲンは肝臓で不活化されるため、経口投与ではほとんど効果がなく、投与は一般に注射によって行われる。
アンドロゲンとは雄の副生殖器の発育および機能を促進し、二次性徴を発現させる作用をもつ物質の総称であり、数種類のホルモンからなる。アンドロゲンは卵胞刺激ホルモン(FSH)と共同して精子形成の維持に関与し、視床下部の負のフィードバック作用を介して下垂体前葉からの黄体形成ホルモン(LH)の分泌を抑制する。

テストステロンとは?
テストステロン (testosterone) は、 アンドロゲンに属するステロイドホルモンで、男性ホルモンの一種。

成長ホルモンとは?
成長ホルモン(growth hormone,GH)は脳下垂体前葉のGH分泌細胞 (somatotroph) から分泌されるホルモンである。ヒト成長ホルモンは特にhGH(human growth hormone)と呼ぶ。
主要な成長ホルモンは191個のアミノ酸からなり、分子量は22kDaである。プロラクチンと遺伝子構成・アミノ酸配列が近く、一つの祖先となる遺伝子が重複し、機能が分化したと考えられている。ヒト成長ホルモン遺伝子は17番染色体に位置する。

精神安定剤とは?
精神安定剤(せいしんあんていざい,Anxiolytic)は向精神薬のうち、精神状態を安定させる性質を持つ薬物の総称。トランキライザーと呼ばれる。 抗精神病薬であるメジャートランキライザー(もしくは強力精神安定剤と呼ぶ)と、抗不安薬と呼ばれるマイナートランキライザーに分類されるが、日本で一般に精神安定剤というと、後者を意味する場合が多い。

エチゾラムとは?
エチゾラム(etizolam、日本国内の商品名:デパス等)は、チエノジアゼピン系に属する抗不安薬(マイナートランキライザー)。睡眠導入剤として処方される事もある(後述)。エチゾラムは多くの後発医薬品が存在する。
日本国外では、Depas、Sedekopan等の商品名で販売される。
エチゾラムは旧・吉冨製薬(現・田辺三菱製薬)が開発し、商品名デパスとして1983年9月に承認され、1984年3月に発売された。多くの後発医薬品が存在し、日本国外でもDepas、Sedekopan等の商品名で販売されている(アメリカ合衆国、カナダでは未認可である)。

抗うつ薬とは?
抗うつ薬(こううつやく)とは、主としてうつ症状を緩和する薬剤である。うつ病、うつ状態、パニック障害、強迫性障害、摂食障害、ある種の不眠、慢性疼痛などに投与される。

選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)とは?
第三世代の抗うつ薬と呼ばれるものであり、フルボキサミン(デプロメール、ルボックス)、パロキセチン(パキシル)セルトラリン(ジェイゾロフト)が知られている。副作用が非常に少なく、扱いやすく強迫性障害、社会不安障害、パニック障害に適応がある。躁うつ病には禁忌であるが大うつ病では第一選択となる。効果発現に数週間必要であるため、即効性のある抗不安薬を4週間ほど併用するのが一般的である。投与初期(1?2週間程度)は悪心、嘔吐、不安、焦燥、不眠といった症状が出現することがあるが継続投与で軽快、消失する。セロトニン受容体に対する急性刺激と考えられている。少量ではセロトニン選択性であるが、高用量となるとノルアドレナリンの再取り込みも阻害するようになる。

利尿薬とは?
利尿薬(りにょうやく、英: diuretic)は、尿量を増加させる作用を持つ薬物の総称である。
尿は水分や電解質を体外へ排出する最も効果的な手段である。尿は腎臓でつくられるが、腎臓は体内の状況に応じて尿の量や濃度を調節し、全身の体液を一定に保つよう制御している。利尿薬は、この調節機構が適切にはたらかない病態などにおいて、水分を体外に排出するために用いられる。

ハイドロキノン(ヒドロキノン)とは?
医薬部外品としてのヒドロキノン(皮膚薬の場合はハイドロキノンと呼ばれることのほうが多い)は、その強力な漂白作用を利用したもので、美白剤として皮膚科などで処方されるほか、薬局などでヒドロキノン配合の軟膏・クリーム等が市販されている。市販のヒドロキノン剤は通常2FF5E47A0B度の濃度のものが多い。アメリカ食品医薬品局(FDA)では2%以上の濃度はドクターの管理下により処方されている。
ビタミンAの一種であるトレチノインと併用することで、皮膚の漂白効果がより高まるとされ、クリーム製剤が市販されている。

トレチノインとは?
トレチノイン (tretinoin) はビタミンA誘導体の一種。
トレチノインはレチノールの 約100倍の薬理作用を持つとされる。もともとニキビ薬として米国で処方されていたものであったが、強力な皮膚のターンオーバー促進作用があり、シワやシミを改善するクリームに配合されることもある。商品名はレチンA やスティーバA。軟膏・ジェル・クリームの形態で処方される。市販品の濃度は 0.01FF5E0.1u7A0B度であり、症状や体質に合わせて適切な濃度のものが処方される。濃度が高いほど、クリームが黄味がかった色になる。
個人差はあるが、塗布後、数日以内に皮膚表面の角質の著しい剥離が始まる。これを繰り返すことで、皮膚が徐々に生まれ変わり、ニキビやシミ、シワが改善するとされる。但し、いきなり高濃度のものを塗布すると、体質によっては皮膚への刺激が強すぎ、かえってソバカス等のシミを増やすこともあるので注意が必要である。

スマートドラッグとは?
スマートドラッグ(smart drugs)は、人間の脳の機能や能力を高めたり、認知能力や記憶力を高める薬品や物質の総称である。スマートドラッグは、狭義には医薬品のみを指すが、広義には栄養素やサプリメントや健康食品などを含めることもある。ここでは、後者の定義を使用する。英語圏では"Smart drug"のほかに、後者の定義と同じ意味で"ヌートロピック"(Nootropics:向知性薬、すなわち脳の認知能の向上薬を指す)という呼称がより多く使われている。略称は、スマドラである。スマートドラッグの日本語訳には「頭のよくなる薬」[1]、「頭をよくする薬」などがある。脳の機能を高める栄養素はsmart nutrientsと呼ばれ、日本語訳には「頭をよくする栄養素」がある。
スマートドラッグは主に、脳の神経伝達物質や、酵素・ホルモンなどの神経化学物質の供給を増やしたり、酸素供給量を向上させたり、神経の成長を促進させたりすることによって働くといわれている。
また、スマートドラッグと呼ばれる化合物の大半(いわゆるヌートロピック)は、単なる栄養素や植物成分(ハーブ、根、豆、樹皮など)で、一般用医薬品としてドラッグストアで購入可能であり、栄養補助食品として利用されている。 全体のうちのごく一部のスマートドラッグは処方せん医薬品であり、認知学習障害やアルツハイマー病、パーキンソン病の治療や、酸素欠乏による低酸素症を防ぐ目的で使用される。これらの医療用医薬品は人間強化を目的とした様々な応用も可能であるためにインターネット上で大規模に売買がなされており、また、医療目的外の個人的な認知能力の向上を目的とした多くの人々によって使用されている。

バレニクリンとは?
バレニクリン (Varenicline) とは、日本初の経口禁煙補助薬である。世界初のニコチン受容体パーシャルアゴニストであり、従前の禁煙補助剤であるニコチンガム、ブプロピオン、ニコチンアンタゴニストなどとは薬理学的に異なる。商品名は「チャンピックスR」で、酒石酸塩としてファイザーが販売する。

片頭痛とは?
片頭痛(へんずつう、へんとうつう)とは頭痛の一種で、偏頭痛とも表記する。頭の片側のみに発作的に発生し、脈打つような痛みや嘔吐などの症状を伴うのが特徴である。

鎮痛薬の使い分け
痛みの原因となる疾患の診断がつき、痛みの推移をモニタリングする必要がない場合は速やかに鎮痛を行うべきである。この場合に鎮痛薬を用いるのだが鎮痛薬にも色々な種類があり使い分けが必要である。急性虫垂炎などの場合、痛みの増強は悪化傾向を示唆し、悪化した場合は手術を行うことで治療ができるので鎮痛薬を用いないことがある。

 

ニュース紹介

【日本イーライリリー】ED治療薬「シアリス」発売‐36時間にわたって効果が持続

 日本で3番目となる勃起不全(ED)治療薬「シアリス」(一般名:タダラフィル)が今日12日に、日本イーライリリーから発売された。イーライリリーでは、従来のED治療剤に比べ、作用時間が長いことや食事の影響を受けないことをアピールし、内分泌・代謝・骨領域担当のMR400人、ウェブサイトによる情報提供などで、主に開業医に向け攻勢をかけることにしている。薬価基準には収載せず、公的医療保険がきかない自由診療扱いとなる。

 シアリスは、ファイザーの「バイアグラ」(シルデナフィル)、バイエル薬品の「レビトラ」(バルデナフィル)に続く製品。同社によると、従来の薬剤は効果継続時間が4時間と短く、食事の影響を受けやすい。そのため患者には、服用するタイミングなどを心配したりする傾向が強かったという。

 シアリスは、ホスホジエステラーゼ(PDE)5阻害作用をもち、性行為の約1時間前に服用することで、血中の一酸化窒素を増加させ、血管を拡張する。36時間にわたり効果を発揮するだけでなく、性的刺激があった場合のみ症状を改善する。さらに、従来のED治療薬とは異なり、高脂肪食を摂取しても薬剤の吸収に影響しないことも特徴となっている。

 5mg、10mg、20mgの3規格を用意し、1日1回10mgを服用する。10mgで効果がなかった場合、医師の判断のもと、患者の状態に応じて20mgまで増量できる。

 343人の患者を対象に実施された国内臨床試験では、プラセボ群に比べて、EDの国際診断指標である国際勃起機能スコア(IIEF)の勃起機能(EF)ドメインスコアを有意に改善したほか、増量によって治療効果が向上した。

 副作用には、頭痛や鼻咽頭炎などがみられたものの、軽度から中等度のもので、プラセボ群との間に発現率の差はみられなかった。

 日本イーライリリーは、MRを大学病院や基幹病院などの施設担当と開業医向けのエリア担当に分割して配属。基幹病院などで同剤の使用コンセプトを構築し、その情報を開業医に対して提供していく。

(薬事日報 参照)


「レビトラ錠」の高用量製剤発売 バイエル薬品

バイエル薬品は、経口勃起不全(ED)治療薬「レビトラ錠20mg」(一般名:塩酸バルデナフィル)を新発売した。国内では初めての高用量製剤。

 生活習慣病や脊髄損傷、骨盤内手術後の患者などEDが重症化しやすい症例では、従来のED治療薬の用量では十分な効果が得られない場合があった。その治療ニーズに応えるべく、海外で主流の高用量製剤を国内でも開発した。

 ED患者は国内には1130万人以上存在すると推計されるが、経口ED治療薬による治療を受けたのはまだ1割未満という。

 同剤は現在、世界99カ国で販売されている。

(薬事日報 参照)


抗菌剤「クラビット」、高用量製剤を新発売 第一三共

 第一三共は7日、広範囲経口抗菌剤「クラビット錠500mg、同250mg、細粒10%」(一般名:レボフロキサシン水和物)を新発売した。 クラビット500mg1日1回投与法は、PK‐PD理論に基づき開発された。従来の100mg1日3回投与法と比べ、最高血中濃度を上げることにより、殺菌作用が増強されると共に、耐性菌の出現を抑制することが期待される。既に海外では、120以上の国・地域で承認されており、世界の標準的用法・用量となっている。

 薬価は、500mg錠が1錠547・20円、250mg錠が1錠304・50円、細粒10%が138・20円。

(薬事日報 参照)


注射用ニューキノロン系抗菌剤「パズフロキサシンメシル酸塩」 大正富山医薬品、田辺三菱製薬

 大正富山医薬品と田辺三菱製薬は、注射用ニューキノロン系抗菌剤「パズフロキサシンメシル酸塩1000mg」を新発売した。大正富山が「パシル点滴静注液1000mg」、田辺三菱が「パズクロス点滴静注液1000mg」の製品名で販売する。

 両社は、2002年9月から「パシル点滴静注液300mg、同500mg」「パズクロス点滴静注液300mg、同500mg」を販売していたが、7月に効能・効果、用法・用量の一部変更が承認されたことを受け、新たに1000mgバッグを追加した。

 薬価は、1000mg200mL1キットが2750円。

(薬事日報 参照)


【第一三共】国内でジェネリック医薬品市場参入‐4月に新会社設立し秋に販売開始へ

 第一三共は26日、4月1日付で新会社「第一三共エスファ」を設立し、日本で後発品事業に参入すると発表した。新会社は、従業員20人体制でスタートする予定。新薬で培ってきた第一三共ブランドを前面に打ち出し、今秋には国内でジェネリック医薬品(GE薬)を売り出す。08年にインドジェネリック医薬品大手のランバクシーを買収し、新興国とジェネリック医薬品へのリーチを拡大してきた第一三共は、国内でもジェネリック医薬品を販売することで、「複眼経営」をさらに推し進める方針だ。

 新たに設立する第一三共エスファは、ランバクシーのノウハウ、コスト競争力と共に、新薬で培ってきた第一三共ブランドを生かし、ジェネリック医薬品と第一三共の長期収載品の一部を販売する予定。取り扱うジェネリック医薬品の領域、品目数は未定だが、ランバクシーの製品を導入する可能性もある。今秋には、国内でジェネリック医薬品の販売を開始する予定にしており、4月の業務開始後、従業員20人体制で準備に当たる。

 第一三共は、ジェネリック医薬品メーカーのランバクシー買収によって、先進国と新興国、新薬と後発薬を視野に入れたハイブリッド型の「複眼経営」を打ち出し、グローバル展開を加速させてきた。既に、新興国+新薬の枠組みで、メキシコやアフリカで自社新薬の販売を開始するなど、グローバルリーチを拡大。さらに今回、先進国+ジェネリック医薬品という新たな枠組みによって、日本のジェネリック医薬品市場に参入することで、複眼経営を一層推し進めることになった。

 ただ、昨年、日本ケミファとの提携関係を解消したランバクシーの活用ではなく、新会社の設立という選択をしたのは、第一三共ブランドを活用したジェネリック医薬品事業の展開が視野にある。日本では、長く新薬の販売で知名度が浸透していることを踏まえ、国内でジェネリック医薬品を効果的に販売するためには、新薬は第一三共、ジェネリック医薬品は子会社の第一三共エスファが担うことが最善と判断した。

 国内ジェネリック医薬品市場は、米ファイザー、富士フイルムが参入するなど、一気に激戦模様となっている。4月の診療報酬改定で、さらにジェネリック医薬品の使用促進策が打ち出される中、国内製薬大手の第一三共が新薬のブランドを前面に打ち出し、ジェネリック医薬品市場に参入を果たすことは、専業ジェネリック医薬品メーカーのみならず、ジェネリック医薬品を強化する新薬メーカーにも大きな脅威となる。特に規模の小さい専業ジェネリック医薬品メーカーには、一層の再編を促す圧力となりそうだ。

(薬事日報 参照)

 

・カマグラゴールド・タダリス・ゼニカル・カベルタ

デパス・ラシックス・シアリス・ジェネリック・アナボリックステロイド(筋肉増強剤)・避妊用ピルのトリキュラーなど海外医薬品は通信販売(通販)はできず個人輸入代行になります。

個人輸入代行AIG(エーアイジー),元気販売